メニュー

臨床研究報告

医学は日進月歩です。善行すずき眼科でも医学の発展に貢献する

ために学会発表・論文発表を積極的に行っています。

ここでお知らせする臨床研究は過去のデータを使って

比較するものであり、患者様への侵襲はありません。

医学データの使用を拒否される方は受付に申し出ていいただければ

幸いです。

1:2021年4月25日

白内障手術におけるヘッズアップサージャリーの有用性

方法:2020年12月~2021年1月において当院において行われた合併症のない

  白内障手術72例において、ヘッズアップサージャリーを使用した群36眼

  使用してない36眼の2つの群で角膜内皮細胞減少率、前房内フレアー値、

  手術時間を後ろ向きに検討・評価する。

2:2021年8月11日

題目: テクニスアイハンス TM の目標屈折度数の違いによる中間・近方視力の検討

研究概要:テクニスアイハンス TM(J&J)はステップやゾーンを設けずに中心部分で徐々
にパワーを増加させることによって、従来の単焦点眼内レンズ(IOL)と比べて、なだらか
な焦点深度を示す。目標度数を遠方におく場合に中間視力の向上が期待される IOL である。
今回、我々は目標度数による中間視力~近方視力の違いを後ろ向きに検討する。対象は善行
すずき眼科においてテクニスアイハンスを用いた合併症のない白内障手術施行である。目
標度数を 0 とした群を 0 群、−1 とした群を−1 群として、後ろ向きに検討する。検討項目
は術後1か月後の矯正遠方視力、遠方、100 ㎝、70 ㎝、50 ㎝、40 ㎝、30 ㎝の裸眼視力で
ある。角膜乱視1D 以内の症例を適応とした。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME